消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと

消費者信用という言葉があります。販売信用と消費者金融の2つが含まれます。販売信用は割賦販売のように信販会社があつかう分野。一方消費者金融は貸し金業を営む企業の分野を指します。日本では無担保で個人が借入出来る企業の総称であるのが一般的です。

但しこれは法律用語ではなく貸し金業者の団体が「サラ金」という呼び名が高利貸の悪いイメージを持つようになったことから、脱却を図るためにPRし始めた呼称なのです。1956年に日本信販がチェーンクレジットを開始してから次第に参入する金融機関が増え、それにともなって利用者も増えていきました。

借入がごく普通になりすぎて借り過ぎなどの社会問題の種になっています。貸し金業者は貸金業法に基づいて内閣総理大臣または都道府県知事の登録を受けなければなりません。

無登録で営業している闇金融業者(いわゆる闇金)は貸付それ自体が違法行為として処罰の対象となります。借入の利息は出資法、利息制限法、貸金業法などによって制限されていますが、業者が詳細を説明しないために借入側が支払う必要のない利息まで支払わされていた過ぎ払いのケースが社会問題化して法律も次第に整備されてきました。

このために倒産する貸金業者も増え、大手の貸金業者は銀行と提携したり合併したりして「銀行系消費者金融」と呼ばれる業者が増えています。

Copyright (C) 消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと All Rights Reserved