消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと
利子
利子の仕組み

現代の実生活では、利子の存在は欠くべからざるものになっています。このため経済学的にも法学的にも厳密な定義がなされています。簡単に言ってしまえば、金銭を貸借する時に、元本に対して一定期間に一定の率で支払われる対価であると表現できます。表現にも立場による違いがあって、借り手が支払う場合が利子。貸し手が受け取るのが利息。銀行預金は利息。郵便貯金(現在ではゆうちょ銀行)は利子と呼んでいます。

時間的な価値と信用度に影響されて変化します。元金にかかる金利を名目金利と言い、そこからインフレ率を引いた場合を実質金利と言います。一般的に景気が良ければ金利は上昇し、悪ければ下るというように世界経済の動きに敏感に反映するので各国首脳は常に念頭に置いて政治を行っています。

利子の計算方法には単利と複利があります。単利は賃借期間内元金を変えることなく利子計算をします。これに対して複利は元本に利子を足して次回の元本とします。また借入金を返済する時、毎回の返済ごとに返済分を元金から差し引いて次回の元本とする実質年率の方法と、毎回の返済額を差し引かずに最初の借入金額を常に元本として利子を計算するアドオン方式があります。

また金利の表示方法としては、1年間の利率を言う年利、これを12か月で割った月利があり、いずれも%で表します。元金100円に対する1日分の利子を日歩(ひぶ)と言い、銭(1/100円)、厘(1/1000円)、毛(1/10000円)を単位とします。預金者から見れば利子は高ければ高いほど良く、借入している側からは利子は低いほど良いわけで、経済はそのバランスの上に成り立っていると言えます。※借りるのにお勧めなのは低金利フリーローン

Copyright (C) 消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと All Rights Reserved