消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと
利子
利子と法律

借入した金額には通常利息が付されます。借り手と貸し手の間の契約で取り決めた利息を約定利息と言います。その場合の利率は法律で定められた法定利息の範囲内で定めることになります。利息をつけることになっているにもかかわらず利率を決めていない場合には法定利率にしたがうことになります。

法定利息とは法律上定められた利息のことで、法定利息の利率は原則として法定利率によります。法定利率には、民事法定利率、商事法定利率、供託金利息があります。制限利息とは法律によって定められた利息の上限を言います。貸し手は出来るだけ高い利息で貸したいでしょうが、天井知らずの高い利率になると借り手の生活を破壊する恐れがあります。

これを防ぐために契約自由の原則の例外規定として制限利息が設けられているのです。利息制限法により元本10万円未満の上限は20%。10万以上100万未満18%。100万以上15%。出資法により金融業者は上限29.2%とされています。また貸金業法では20%を超えて貸し付けると出資法により刑事罰が課せられます。

2009年の法律改正までは、利息制限法の利率上限を越えていても出資法の上限利率までは、みなし弁済規定と言って借り手が支払いを認めていれば貸し手がこれを受け取ってもよいことになっていました。これを利用して消費者金融は29%程度の利息を得ていました。消費者金融が説明しない限り借り手はこれを知らないためこの部分をグレーゾーンと呼んで過去に支払った分を過払い金として返還を求める訴訟が各地で起きています。

Copyright (C) 消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと All Rights Reserved