消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと
消費者金融
自己破産

自己破産は、多重債務などで多額の借金を抱えて苦しんでいる人を助けて、立ち直れるように手を差し伸べるために国が作った法的な制度を言います。どうしても返済不能になった時点で裁判所に申し立てをして破産宣告を受け、さらに免責の申し立てを受けると、自己破産となります。

決定された時点で、自分の財産を失いますが、同時にすべての借金が免除(返済の必要がなくなる)されます。ただ保証人がついている債務は、保証人に直接返済請求が行くことになります。自己破産決定後に得た給料や財産は自分のものになるので生活は保障されます。ギャンブルやショッピングのし過ぎなど浪費で借金を抱えたような場合には、裁判所が自己破産を許さないことがあります。これを知らなきゃ破綻する! 保証人になるとはどういうこと? [お金を借りる] All About

このような場合には任意整理や特定調停など別の債務整理の方法を考えることになります。自己破産すると、7年くらいの間は、ローンやクレジットが利用出来ません。弁護士や公認会計士のような公的資格は資格停止になるので業務は出来ません。私法上の資格停止もあります。

保証人や後見人になれませんし、企業の取締役などは退任事由とされます。一般に誤解されている点に、戸籍に記載されるのではないか?あるいは公民権(選挙権、被選挙権)を停止されるのではないか?などありますが、この2点についてはそのようなことはありません。また、保証人になっていない限り家族に支払い義務が生じることもありません。裁判所は借金の額や生活の情況など事情を調べた上で裁定します。まずはひとりで悩まずに相談窓口を訪ねてみることです。

Copyright (C) 消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと All Rights Reserved