消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと
消費者金融
ヤミ金融

自己破産したり、病気で仕事が続けられなくなったなどの理由で、通常の借入が出来ない人たちがうっかり手を出してしまうのが闇金(ヤミキン)です。闇金融業者というのは、法律を守らずに貸金業を営む者を言います。

これには、(1)国(財務局)または都道府県知事に貸金業者として登録をしていない業者。(2)登録はしているが、法律で定められた以上の利息を要求する業者。(3)偽の登録番号を表示する業者。(4)固定電話番号を表示せず携帯電話番号のみを表示する業者。

以上のような業者が考えられます。これ以外にも誇大広告をして勧誘したり、有名大手企業のグループであるようなまぎらわしい名前やマークを使ったりするケースも目立ちます。また融資するための経費が必要だからと言って振込みをさせたり、融資業者を紹介するからと言って紹介料を騙し取るケースもあります。

当然のこととして訴えられることも多く、その結果2005年の福岡高裁判決<(ネ)第752号事件>や2008年最高裁判例<(受)第569号事件>が出て、これにより法的には闇金業者からの借入金は元金も利息も返済する必要がないとされています。取り締まりが厳しくなった結果、闇金業者は少なくなっていると言われています。闇金業者は、自分が違法行為を行っているという認識の上で行動していますから、脅しの電話などあった時には、録音し(録音していることを告げて)警察に届け出ると警告するだけでも、手を引く効果があるようです。

Copyright (C) 消費者金融という会社 お金を借りるにあたり気を付けておきたいこと All Rights Reserved